耳鳴り キーン

Image Replacement

耳鳴りがキーン、新しい耳鳴り改善方法とは…

「また耳鳴りがキーンとする」最近、キーンとくる耳鳴りの回数が増えてきていませんか?耳鳴りはそのまま放置すると難聴になる可能性がある前兆ですから、早期に改善してしまうことが大切です。このサイトではキーンとくる耳鳴りの改善方法のアドバイスをしています。

耳鳴りがキーンときたら、それは難聴のサイン

nayami22.jpg

日本の人口の約10%〜15%の方が耳鳴りの症状があると言われています。耳鳴りの症状としてよくあるキーンとくる耳鳴りは、周囲には音がしていないのにも関わらずキーンと響く音が感じるのです。また耳鳴りには、キーンと感じる耳鳴りの他に、自分の心臓の心拍音や呼吸音が聞こえる場合もあります。これらの耳鳴りの原因は耳から鼻にかけてつながっている耳管が開いた状態になっているときに起きる症状だと言われています。


耳鳴りの原因については、詳しく解明できていない部分が多いのですが、耳鳴りのする原因のなかには過度なストレスなどによる自律神経失調症や、血液の流れに滞りが出る血流障害が原因だという説が多くあります。

それにしてもキーンと感じる耳鳴りは、本当に耳ざわりで嫌な感触がします。突然やってくるキーン音はとても厄介で、自分ではどうにもできないところがさらにストレスを増大させてしまいそうです。


キーンとくる耳鳴りは放置すると悪循環から抜け出せません!

自律神経失調症にかかると、体の免疫力が低下するので、耳の奥部の中耳から内耳にかけてが細菌感染し炎症を起こすことでの耳鳴りが発生することもあります。また免疫力の低下した体では、帯状疱疹などにもなりやすく、これが耳鳴りの原因になることもあります。

耳鳴りを放置した結末・・・・

hom100.jpg

耳鳴りを改善されないまま放置していると、やがては耳の機能障害の代表格でもある難聴障害を引き起こしてしまう可能性もあります。耳鳴が原因で起こる難聴障害では、耳鳴りと同じトーンや音質の音が聞き取りづらくなったり、人の声が聞きにくくコミュニケーションが上手くいかなくなる場合もあります。

また難聴に代表する聴覚障害の怖いところは、他人との会話にあります!

難聴の症状が深刻になるにつれて、他人との会話が成立しなくなります。コミュニケーションに大切な聞くという機能に障害が起こると、対人関係が悪化してやがてはそれが原因で職場環境も悪化し、最悪の場合はうつ病などの2次障害まで引き起こしてしまう可能性があるのです。


耳鳴りを軽視してはいけません!


耳鼻科などの医師の診断を受けることは正しい判断ですが、治療法や改善策がないことも多くありますので、耳鼻科などで治療を継続しながら、最悪の状況も考えて自らも、耳鳴りや難聴を早期改善する方法をみつけておくことも選択肢のひとつだと思います。